複数のモバイル機器をカッコよく充電できる環境を作る

最近のモバイル機器はUSBから充電できるようになっていて便利だったりします。
自分は写真のように家庭用コンセントからUSB機器が充電できるアダプターを使って充電していました。
しかしこれ、なんだかぐちゃぐちゃして見苦しい。

20140420-03

と言うわけでこんな感じにしてみました↓。

20140420-02

ポイントは二つ。
 ・USBハブを使って電源供給部分を一つにまとめる。
 ・短いケーブルを使う。

20140420-04

USBハブはサンワサプライ製のUSB-HSM410BKを使いましたが、
電源が供給できるタイプ(ACアダプタが付いているもの、バスパワー対応等の表記があるもの)なら
何でも良いと思います。
この製品はスイッチが付いているので使わないところの電源が切れて便利。

20140420-05

ケーブルは15~20センチの短いものを購入。

ただ、ここで注意しないといけないのは、

パソコンと繋がっている状態じゃないと充電を始めない機器もある。

ということ。
今回はUSBハブをパソコンに繋いでいないので、
機器によってはこのUSBハブに繋いでも充電を開始しないものがあります。
iPodTouchなんかがそうでした。

20140420-01

そこでこのケーブルを購入。
USB機器がどうやってパソコンに繋がった状態か否か判断するかと言えば、
単に通信線が短絡しているか否かで判断しているにすぎないっぽいです。
その状態を疑似的に創り出してくれるのがコイツ。
まぁ自分で半田付けとかすればいいのかも知れませんが、
ソコまでやらなくても手軽に実現してくれます。

こうすると充電環境がかなりさっぱりするので、
みなさんも是非試してみてください。

かかった費用は3千円くらいだったと思います。

コメントの投稿

非公開コメント


ふうりつそうげん。日々是徒然。

プロフィール

宮澤慎司

Author:宮澤慎司
旅行・鉄道・アニメ・プログラミング・お絵かき等が趣味の宮澤慎司がお送りするブログです。
詳しい自己紹介はこちらをご覧下さい。

最新トラックバック
リンク
最新記事
アクセス数
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ